退職記念におすすめの宿

退職記念におすすめの宿
 2007年は団塊世代の大量退職が始まる。退職記念で旅行に出かける夫婦も多く、それを両親に贈るケースもあるだろう。夫婦2人10万円以内で1泊できる、おすすめの宿を専門家にきいた。

 最も高い評価を得たのは、西日本で1位となった「由布院 玉の湯」。人気が高い離れ形式の宿で、流行に敏感とされる団塊世代の志向をくんだ格好だ。プライバシーも保たれ「居心地がいい」(岩佐さん)。「都会から来た人にゆったり過ごしてもらおうという配慮が随所に感じられ、長年の会社勤めの疲れも癒やされるはず」(三堀さん)との意見も寄せられた。

 「旅館であってホテルの快適さを備えている」(積田さん)のもおすすめの点のようだ。ベッドを備えた客室やバーがあるほか、各部屋の戸外は、テラスが設けられている。敷地内は雑木林で「野の花が安らぎを与えてくれる」(大口さん)とも。

 西日本の2位「西村屋本館」も多くの選者が推す。純和風の城崎温泉の老舗で「温泉、料理、サービスすべてがワンランク上」(大島さん)という。特に、檜(ひのき)の大浴場と露天風呂からなる「吉の湯」は「木の香りが漂い落ち着ける」(石井さん)。

 今回、上位に入ったうちの大半は小規模旅館だが、西日本の3位は、200室を超す「加賀屋」だった。大浴場から七尾湾の景色を楽しめる。館内には加賀友禅や輪島塗など伝統工芸品を飾り豪華な雰囲気だ。「心に残るサービスが人気」(大口さん)との声も多い。

 一方、接戦となった東日本は「あかん鶴雅別荘 鄙の座」が1位。全室が露天風呂付きで「温泉ざんまいが楽しめる点が退職記念の慰労にもいい」(鷲見さん)という。「客室ごとにすべて異なる部屋のしつらえを楽しめる」(石井さん)との意見もあがった。

 「心の故郷」を目指す鄙の座では、食事はできるだけ個室形式の料理茶屋で提供するなどして従業員が極力客室に入らないように配慮している。

 続く東日本の2位は、竹林にたたずむ純和風の「柳生の庄」。「静寂な自然の中で味わう懐石は絶品」(西山さん)という料理は、「柳生風」と称する定番メニューも人気が高い。例えば、火で熱した石の上で、牛肉やエビ、野菜などを焼く「温石(おんじゃく)焼き」などがある。

 東日本の3位となったのは「つつじ亭」。自然林を生かし、5月中旬―6月上旬は山つつじも美しい。

 調査では今風の工夫を凝らす宿が高い評価を得た。食事に注目すると、東日本4位の「明神館」は自家製の無農薬野菜を使い、懐石料理・モダン和食・フレンチから選べる。西日本5位の「由布院温泉 亀の井別荘」も「農家と契約し、放し飼いにしてもらった地鶏などこだわった食材を使用」(鷲見さん)といった具合。細やかな宿側の気遣いも、退職記念に彩りを添えそうだ。

 退職後の自由な時間を生かしてもらおうという観点から、価格は最も安く泊まれる時期の、しかも1番手ごろな部屋のものを掲載した。

両親にスマートに贈るなら

 旅行各社は、宿泊料金や交通費の支払いに活用できる旅行券を販売している。ただ、これらは金額が表示されて、親に贈るのは抵抗がある人も多い。そこで、カタログを贈るギフトのように、宿リストを贈ることで金額を明示しない新しいギフトが登場している。

 例えば、近畿日本ツーリストの「メイトペアご宿泊ギフト券 ベストセレクション」がそれだ。今回ランキングで掲載した宿とは異なるが、もらった側は、北海道から沖縄・西表島までの厳選された86軒のホテル・旅館から好きなところを予約できる。

 JTBの「プレミアージュ」は宿泊以外のグルメ、ゴルフなどにも使える仕組みになっている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0